•  

     

     

     

  • 熱中症対策CSR

    マンネリ ” から “ 楽しめる ” 安全対策へ!

    私共が熱中症啓蒙活動をスタートしたきっかけは、企業の安全担当者様との会話でした。

    「支給した対策品が一部しか使われていない。」「熱中症の話に飽きている。」「勉強会が儀式的になっている。」安全の場で感じた、熱中症対策への様々な課題・・・

    ” 誰が ” ” どうやって ” 伝えたら、熱中症対策に興味を持ち、実践し、本当の意味で「熱中症をゼロ」にできるかを考え、今までにない「クイズ講話」や「O.R.Sガールのイベント」がスタートしました。

     

    安全の場で、不謹慎だと思われるかもしれませんが、従業員様が興味を持ち、自発的に熱中症対策を行ってくれる。そんなきっかけ作りとして活用して頂ければ光栄です。

    |熱中症 安全講話

    安全大会・総会・会議・研修会・協力会社様向けの講話

    などで、熱中症対策アドバイザーが安全講話を行います。

    |現場イベント

    建設現場・工場内での朝礼・午後礼で

    熱中症対策の簡単なポイントと試飲会を行います。

    よくある質問

    どのエリアでも来てもらえますか?

     

    商品ご導入の企業様につきましてはできる限り対応しております。

    参加人数、日程によってはご希望に添えない事もございます。

     

    講話やイベントに条件はありますか?

    参加人数、場所、日時、エリアによってはお伺いできない場合もございます。まずはご相談くださいませ。

     

    所長会議や、協力会社様向けに商品を紹介して欲しい。などの要望も多数承っております。

    ご導入いただいております企業様を優先的に日程を確保しておりますが、できる限りご要望にお答えできる体制を整えておりますのでお気軽にご相談くださいませ。

     

    準備する物はありますか?

    講話:プロジェクター・長テーブル1~2台

    現場イベント:長テーブル1台・1口コンセント(プロジェクターがあればお借りします。)

     

    のご準備をお願いしております。

    ※プロジェクターがない、テーブルがない、電源が取れないなどの場合は予めご伝言ください。

     

    試飲一式(コップや商品等)は弊社が無償にてご提供いたします。

    車でお伺いできないエリアによっては、事前に荷物のお受け取り、当日のゴミ回収をご協力いただく場合がございます。

     

    依頼したいのですが、どうしたらいいですか?

    下記より、講話 / イベント どちらを希望か明記の上、お問い合わせくださいませ。

    弊社スタッフより、2営業日以内(土日・祝日除く)にご記入いただいたメールまたは、お電話にてご連絡させていただき

    詳細内容をご確認させていただきます。

     

    講話やイベントの当日の流れを教えてください。

    ●講話●

    ・会議受付時間前に、スタッフがお伺いいたします。(開始30分~60分前にお伺いいたします。)

    ・プロジェクター接続の確認と、ご準備いただいたテーブル位置等の確認を行います。

    ・会議スタート

    ・講話スタート

    ・講話終了後、又は会議終了後にサンプリング・ゴミの回収。

     

    ●イベント●

    ・イベント現場にスタッフがお伺いします。(開始30分~60分前にお伺いいたします。)

    ・場所・準備物の確認を行います。

    ・イベント準備(テントの設営・試飲準備など)

    ・講話スタート

    ・講話終了後、試飲・サンプリングを行います。

     

    記載内容は一例でございます。

    状況に合わせて臨機応変に対応しておりますので、ご要望がございましたらお気軽にご相談くださいませ。

    イベントについてのお問い合わせはこちら

    TEL:047-312-1130

     

    記入例

     

    内容:熱中症講話

    開催日時:○月○日 13時~ 15分程度

    開催住所:○○施工現場

    参加人数:約100名

    対象者様:協力会社様むけ、従業員様むけ、所長会議等

All Posts
×